美女

“ウェディングドレスについて

ウェディングドレスへのこだわりを持つ人はたくさんいます。

そのために、キリスト教式の結婚式を選ぶ場合も見受けられます。

さまざまなドレスから選び抜き、自分が最も気に入ったレンタルドレスを着用することもあります。

“そのほかのドレスについて

結婚式では、純白のウェディングドレスを着たあとに、お色直しのドレスを身につけます。

カラードレスなので、花嫁の嗜好やスタイルに合わせて、自由に選ぶ楽しみがあります。

レンタルドレスを活用すれば、さらに選択肢は広がります。

“招待された場合のTPO

結婚式に招待された場合は、TPOを考えてドレスを選びましょう。

花嫁の色ですから、白やアイボリーは避けるべきですし、肌を露出させるのはマナー違反です。

レンタルドレスを活用すれば、店舗のスタッフからアドバイスを受けることもできます。

“二次会にふさわしいドレス

結婚式のあと、二次会が開かれることはよくあります。

カジュアルなパーティーですから、花嫁も招待客も、好みのレンタルドレスを着用する場合が見受けられます。

くだけだ雰囲気ですので、丈の短いドレスもマナー違反にはならない雰囲気があります。

“思い出に残る結婚式のために

結婚式に対して思い入れを持つ人は多く、誰もが晴れがましい一日にしたいと願っています。

そのためにも、花嫁と招待客は、式場にふさわしいドレスを着用しましょう。

レンタルドレスを有効に活用して、華やかで品位があり、思い出に残る挙式にすることをおすすめします。