“人気のあるドレスレンタル

新郎新婦の二次会ドレスは、披露宴とは別に手配し、レンタルすることもできます。

披露宴よりも狭くカジュアルな雰囲気の会場で、ゲストと同じ目線で楽しみたい場合は、動きやすい軽めのデザインのドレスを選びます。

花嫁に相応しい、清楚な白いドレスが人気です。

“ゲスト用二次会ドレスの選び方

二次会にゲストとして招待される機会は、人によって回数にばらつきはありますが、20歳から30歳台では特に多く、同じ顔触れが集まることもしばしばあります。

服装は見られているものなので、レンタルの二次会ドレスを利用すると、毎回違うデザインを楽しむことができます。

時間や場所に合わせて、カジュアル過ぎないように工夫して選びます。

“最近の二次会ドレスのマナーとは

カジュアルな会場ではなく、ホテルやクルージングなどかしこまった場に招待された場合は、膝下丈で肩を露出しないコーディネートが適切です。
二次会ドレスレンタルの活用が便利です。

レストランなどでは、フォーマル度を更に落として、綿などのカジュアル過ぎる素材を避けます。

更にカジュアルな居酒屋などでは、普段着プラスアルファのお洒落で大丈夫ですが、露出は避けるのが無難です。

“失礼のない格好で祝福を

友人が多く集まる場合なら、予め服装を確認し合っておくと安心です。

しかし、他人に合わせてもマナーの範囲内で、自分らしいお洒落を楽しみたい方も多いです。

詳しい選び方は、二次会ドレスのレンタルサイトや、雑誌などでも特集されているので、様々な情報を得て、失礼のないようにしてください。