“多くの人はレンタル派

やはり一度しか着ないものということで、実際購入する人よりレンタルで手配する人が多いです。

タキシードはスーツに近い形のため、レンタルでも十分に着こなせるという事で、いつも着ているスーツの延長のように着ることが出来ます。

またお手入れや保管の手間も不要で、大変便利です。

“新婦のドレスに合わせて決める

新婦のドレスが決まった時点でタキシードを決める方がベストで、全体を見ながら色やスタイルを決めるとバランス良くなります。

例えば、ボリュームのあるドレスには重厚感のあるもの、大人っぽいドレスにはスレンダータイプが合うと言われています。

色は淡く優しいイメージがあり、またドレスとの相性が良いベージュやライトグレーが好まれています。

“料金はセットの方がお得

結婚式費用で比較的お金が必要になるのが衣装の費用です。

一着ずつレンタルするよりは、たいていのレンタルドレスショップで紹介されている、セット料金の方が低価格で済みます。

ウェディングドレスやカラードレスなど、ドレス1~2着とタキシードでいくらといった料金設定がありますので、出来れば一ヵ所でまとめてレンタルした方が良いでしょう。

“忘れ物がないか確認しましょう

タキシードが決まったら、他の必要なものについて確認する事が必要です。

新郎の小物としてはポケットチーフや手袋、カフスボタンなどが一般的で、レンタルショップによっては小物一式としてレンタル出来る所もあります。

また、シャツや靴などの手配も可能であるのか聞いておきましょう。

“相手がいるということも忘れずに

せっかくの晴れ舞台ということで、自分に一番似合うタキシードにしたい気持ちもありますが、相手に合わせる事も忘れてはいけません。

新郎、新婦共に自分の希望を通し過ぎず、お互いのことを考えましょう。

二人一緒に並んだ時に、お互いがより素敵に見えるように衣装を選ぶことが大切です。